印刷に使うインキについて知っていると商品が長持ちします。

印刷に使うインキについて知っていると商品が長持ちします。

印刷インキの基礎知識

印刷用のインキは、いくつか種類があります。当然値段も違いますし、用途も違います。
スタンダードのインキというのは、一般的にチラシ・パンフレット・伝票などの普通の印刷に
使用されます。
 他には、ユポ用インキ・耐候性インキ・UVインキ・減感インキなどなどあります。他にも
香りがするインキや食べられるインキなどまだまだたくさんありますが、お客さんで知って
おくと役立つインキは、耐候性インキです。
耐候性インキというのは、色がぬけにくくなっているインキです。(完ぺきではないです)
よく、街角で古いポスターなど見かけたりすると思いますが、古いポスターのほとんどは
青っぽくなっていると思います。これは、黄色と紅色の部分が劣化して色が抜けてしまっている
状態です。そうならないように耐候性インキを使って長持ちさせるようにします。
主に選挙ポスターなどは、耐候性インキを使用します。
もし、普通のインキで屋外に張り付けたとしたら、条件によりますが、経験上早くて2週間くらいで
青っぽくなってしまいます。
ですので、もしお客さんが屋外で使いたくて長い間色褪せてほしくない物でしたら、耐候性インキで
印刷してもらうようにしましょう。もちろん値段は少し高くなりますが、張り付けて、2週間とは言わないですが
1・2ヵ月で色褪せてしまったら残念ですよね?
ただし、耐候性インキだから絶対大丈夫ではありません。
屋外に張り付けるならせいぜい1年だと思ってください。
 また、もし大切なお気に入りのポスターなどを飾りたい場合、
屋内でも日が当たる場所は、なるべく避けたほうがいいです。
劣化は遅いかもですが、確実に色が飛んでしまいます。普通のポスターのほとんどは耐候性インキを
使用しないで印刷されている可能性が大ですので、本当に大切なポスターは、二枚手に入れて、一枚は飾るよう
もう一枚は、暗い場所に保管したほうがいいかもですね。
また、ステッカーなどでは、スクリーン印刷で印刷されているものは、長持ちします。最近では、業務用の
インクジェットも長持ちします。一番長持ちするのは、カッティングシートですね。文字だけとかなら、
カッティングシートが断然おすすめです。カッティングシートはインキを使わないので、話がそれてしまいますが
素材そのものの色ですので、色が劣化するより、素材がだめになるまでそれなりに色は保てます。
(少しはぬけると思います。)
では、印刷インキの話でした。

メニューを閉じる