伝票などに使われる紙の仕組み

伝票などに使われる紙の仕組み

伝票に使われる紙の構造

会社努めをしている方で、事務の仕事や営業をやられている方は、複写の伝票を使用したことが
あると思います。
 今では、プリントアウトして使用するようなものも出回っていますが、複写物の伝票は、まだまだ
存在しています。
複写の伝票はどういうものかと言いますと、上用紙・中用紙・下用紙と三種類あります。
漢字で書いてある通り、上用紙が一番上に来ます続いて中用紙、一番下が下用紙になります。
 もし、伝票が3枚以上で1セットだったら(納品書控え・納品書・請求書・受領書みたいな感じ)
上用紙が一枚・中用紙が2枚・下用紙が1枚となります。つまり、1セットの枚数が増えるということは、
中用紙の数が増えていきます。
 このようにセットされた複写の用紙の上用紙に筆圧をかけると、中用紙が反応して文字を転写します。
続いて下用紙も同じく反応して文字が転写される仕組みになっています。
最大でも7枚くらいだと思います。それ以上だと筆圧が下まで伝わらなくて
文字が薄く転写されてしまうからです。
 仮に1セットが2枚(2枚複写)の場合は、上用紙・下用紙となり中用紙は使用しません。
もし 下用紙と上用紙を逆にして筆圧をかけても、反応しなく文字は転写されません。
ちょっと、ややこしい話になってしまいましたが、複写の紙の仕組みはこのようになっています。
 また、ある部分だけ文字が転写されないようにすることもできます。それには、文字が写ってほしくない
場所に、減感インキという特殊なインクをその部分だけ印刷します。そうすると
その部分だけ印刷されないようになります。
 転写される色の多くは、青色(青発色)ですが、黒色(黒発色)もあります。自分は、見たことはないですが
赤色(赤発色)に転写されるものもあるらしいです。
 このような仕組みで複写の伝票は作られています。
皆さんに、注意していただきたいのは、伝票の取り扱い方です。そもそも伝票とは、単価が書いてあったり、
領収書であったりと、意外と状ようなことが書かれてたりします。仕事中によく伝票の数字をみて確認
する場面がよくあると思います。意外と重要なことが書かれている伝票ですが、扱い方は結構雑に
扱っていませんか?
とはいっても、沢山ある伝票を1枚1枚丁寧に扱う必要はないですし、むしろ普通は全く気にする必要は
ないのですが、1つだけ注意していただきたいことがあります。それは、日光に長い時間当てないことです。
特に営業の方や、トラックの運転手さんなど、伝票をダッシュボードに置いたりしていませんか?
厚い場所や日光にさらされると色がすぐ飛んでしまいます。前にお客さんからクレームがあり、いろいろ
原因を探したら、ダッシュボードに何日も置いてあったらしく文字が消えてしまったことがありました。
 ですので、暑い場所と日光には気を付けたほうがいいです。
では、複写の紙のお話でした。